全公立展のまわり方(その2)【6/12追記あり】

前回の記事「全公立展のまわり方(その1)」では

・親(保護者だけ)で行くのはOKか?

・全公立展の公式サイト(神奈川新聞社HP)とTwitterが公開されましたよ

…というお話を書きましたら、

他の生徒さんからもいくつか質問をもらいましてね。


『先生が思う「全公立展のまわり方」』を書く予定でしたが、
今回も、その質問に答えたいと思います。


お答えする前に、
去年の様子が、YouTube にアップされているので、
まずは、こちらを見ておいてくださいね。

(↑で見られなかったら、こちらから(〃・・)っ|http://youtu.be/n2bSoj0VkD4


・・・・・・・・・・


「本当に制服で行かなくて大丈夫なの?」

公式サイトにも
服装は自由です。
例年私服で来られる方が多数です。
多くの方で混雑が予想されるため、動きやすい格好で来場ください。
と書かれていますが、

これは本当に「動きやすい格好」をおすすめします


動画の途中(11秒あたりから)にも出てきますが、

午前中に行くと、
会場のパシフィコ横浜の建物2階の外をほぼ1周
ぐるーっと歩くことになります。

混雑状況によっては、建物の外で待機することになり、
暑い日は、汗ダクになりますし、熱中症の心配も…

また、外で待機したあとは、
会場のお隣のホールに誘導されて、
また待機することになります。

中は一応クーラーがかかっているのですが、
外との気温差で具合が悪くなる生徒さんもちらほらと…

なので、
動きやすくて、気温の変化に対応できるような
服装
で行ったほうが、いいかな…と個人的には思います。



【おまけ】

中学校の先生から
「こういう高校に関する行事は、制服で行きなさい」と
言われることがあると思います。

きっと、
「高校の先生が見ているから、きちんとした格好で」
ということで言っているのだろうと思いますが…

この混雑で、高校の先生たちは、
そこまでみなさんのことを見ていませんよ(…多分ね)。




「持って行ったほうがいい持ち物は?」

公式サイトの質問にも書いてあるのが、
学校から受け取った資料を持ち帰るためのバッグ、
筆記用具などがあると便利だと思います。
多数の来場者により混雑するため必要以上の手荷物や貴重品は
できるだけ持ってこないようにしてください。


まず、バッグ

肩からかけられるバッグがあったほうがいいかな…と。

会場入り口で、ガイドブックなどが入った
不織布のバッグが配布されます。

それに学校からもらった資料を入れてもいいのですが…
多くの学校から資料をもらうと、かなりの重さになりますからね

もし、多くの学校から資料をもらう予定のある生徒さんは、
リュックとか、スクールバッグみたいなのを持って行くと
いいかもしれませんね。





あと、筆記用具「全公立展」のチラシ

「全公立展」のチラシの裏に「参加予定校」が書いてあるんですね。
ですので、

各学校から資料をもらう
 ↓
ある程度もらったら、もらった学校名をチラシの裏でチェック

 
…ということをすると、「もらい損ねたー!」ということもなくなりますし、
「次はどこのエリアを回ろうか?」という計画も立てられますよ。

「全公立展」のチラシは学校で配布してくれると思うのですが、
なかったら、県のHPでダウンロードできますよ。

「全公立展」のチラシはこちらから↓
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f470385/p758561.html

【追記】
当日の会場レイアウトが発表されました。
こちらを印刷して持って行くと、会場を回るのに便利ですよ!
「全公立展 会場レイアウト」



・・・・・・・・・・


よかったら、参考にしてくださいね。

続きはこちら 「全公立展のまわり方(その3)」





神奈川県の公立高校入試(学力検査)まで、あと258日!
神奈川県の私立高校入試(筆記試験)まで、あと252日!






---------------




【お知らせ】

《その1》

現在、「体験授業」を受付中です。
(※当教室では、お電話などによる強引な勧誘は一切行いません)

【お申し込み・お問い合わせ先】
 スタディルームAim 
  TEL&FAX : 0467-77-4663
 平日 16:30~21:00 (FAXは24時間受付)

 また、 PC版Facebookページに「お問い合わせ」フォームがありますので、
 よろしければそちらもご利用ください。
なお、大変申し訳ありませんが、
高校生は募集を停止しておりますのでご了承ください。




《その2》

「スタディルームAim」の Twitter と Facebookページ ができました。
よかったら「フォロー」&「いいね!」をお願いします

Twitter @studyroomaim
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Facebookページは こちらから 







《その3》

このブログを書いている先生が、

数学検定ファンサイト「ユーザーズボイス」のページにて、
文章を書かせていただきました。

よかったら見てくださいね。

「ユーザーズボイス」のページは こちらから(PCからご覧ください)









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック