全公立展のまわり方(その3)

パシフィコ横浜で行われる「全公立展」
いよいよ今週の土曜日(14日)になりましたね。


このブログでは

「全公立展のまわり方(その1)」
「全公立展のまわり方(その2)」

で、生徒さんたちの質問に答えてきましたが…


今回は、先生が思う「全公立展のまわり方」を書きますね。



・・・・・・・・・・


◆「資料集め」に必死にならないで!


「全公立展」に参加する目的の1つとして
高校の「資料をいただくこと」でしょう。

学校選びの参考の1つとして、
高校の資料を集めることは確かに大事ですね。


でもね、
この「全公立展」でいただける「資料」は、

(1)現中3生向けのパンフレット(最新版)
(2)昨年のパンフレット+今年の学校説明会の日程が書かれた用紙
(3)今年の学校説明会の日程が書かれた用紙だけ

…と、学校によってさまざまなんですよ。


(1)や(2)ならいいのですが、
(3)の場合は、それだけでは学校生活の様子などは分かりませんよね?


「資料をいっぱい集めなきゃ」と頑張ってしまうと、
どうしても、(3)の資料が入っていることを見落としてしまって、
「あの学校、どうだっけ?」ということになってしまいがちです。


ですので、資料集めだけに必死にならないで、
各学校のブースをよく見て、その学校の雰囲気を感じてみてください。
そして、少しでも気になることがあったら、
積極的にその学校の先生や生徒さんたちから話を聞いてみてくださいね。


また、
神奈川県内の公立高校158校が一斉に集まる機会って
この「全公立展」だけです。

自分が通おうと思っている地区以外の学校も
いろいろとまわってみてください。

もしかすると、
「自分が通学できる範囲にこんな学校があったんだ!」
と思える学校に出会えるかもしれませんよ。




◆多くの高校生の話を聞けるチャンス!


神奈川県では、8月に「公私合同説明会」というのも行われます。

こちらは、各地域ごとの説明会で、
多くの学校で最新版のパンフレットをいただけます。

また、会場がどこか高校や大学といった学校ですと、
1つの教室に1つの学校が入って、
学校の特色などを説明をしたり、相談に乗ったりすることができます。

「全公立展」みたいな混雑はないので、
気になる学校から、じっくりお話を聞くことができます。

ただ、この「公私合同説明会」
基本的には、在校生(現在その学校に通われている高校生)は
スタッフとして入ることができないルールなんだそうです。
(…と、以前とある高校の先生が、説明会で話されていました)


一方、この「全公立展」
学校によっては、在校生がスタッフとして入っていて、
学校の資料を配っていたりするんですよね。

ですので、気になる学校があったら、
「今、その学校に通っていてどうですか?」とか
在校生に直接質問
してみましょう。

在校生目線で見た「その高校の良さ」
教えてくれるかもしれませんよ。



◆少しでも気になったことを、メモっておく

まだ、学校が決まっていない生徒さんにとって、

この「全公立展」で、いくつかの高校を候補として
選ぶことができるかもしれませんね。

きっと、「全公立展」でその学校を見て、
よかったところ・印象に残ったところがあると思います。

ぜひ、その
「よかったところ・印象に残ったところ」をメモして残しておきましょう。

12月ごろに書く「面接シート」の「1.志望理由」の
ヒントになるかもしれませんよ。


・・・・・・・・・・


…ということで、

3回にわたって「全公立展」のことを書いてみました。


「全公立展」に参加される生徒さん・保護者の方の
参考にしていただけたらな、と思います。





神奈川県の公立高校入試(学力検査)まで、あと250日!
神奈川県の私立高校入試(筆記試験)まで、あと244日!






---------------




【お知らせ】

《その1》

現在、「体験授業」を受付中です。
(※当教室では、お電話などによる強引な勧誘は一切行いません)

【お申し込み・お問い合わせ先】
 スタディルームAim 
  TEL&FAX : 0467-77-4663
 平日 16:30~21:00 (FAXは24時間受付)

 また、 PC版Facebookページに「お問い合わせ」フォームがありますので、
 よろしければそちらもご利用ください。
なお、大変申し訳ありませんが、
高校生は募集を停止しておりますのでご了承ください。




《その2》

「スタディルームAim」の Twitter と Facebookページ ができました。
よかったら「フォロー」&「いいね!」をお願いします

Twitter @studyroomaim
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Facebookページは こちらから 







《その3》

このブログを書いている先生が、

数学検定ファンサイト「ユーザーズボイス」のページにて、
文章を書かせていただきました。

よかったら見てくださいね。

「ユーザーズボイス」のページは こちらから(PCからご覧ください)





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック