読書感想文 書き方のヒント

夏休みも残りわずかになりましたね。

今週この教室では、
この前の土日に実施した模擬テストの解説と、
新学期に向けて「学校の予習」を中心に
授業が行われています。



…と、そこへ
小学生の生徒さんからこんな声が。


「読書感想文、どう書いたらいいか分からないんですけど…




読書も作文も苦手な人にとっては、
「読書感想文」ってめちゃくちゃ“巨大な敵”ですからねぇ


…ということで、
今回は、その生徒さんのやり取りをもとに
「読書感想文 書き方のヒント」を
ちょっと書いてみたいかな、と思います。



・・・・・・・・・・



その生徒さんは、
読書感想文で書きたいと思っている本を
一通り読んできていたので、
こんな質問をしてみました。


「どうしてこの本を選んだの?」
「一番“ここの部分の感想を書きたいな”と思ったのはどこ?
 それはなぜかな?」
「じゃあ、その部分、具体的に教えてくれない?」






(1)
「どうしてこの本を選んだの?」

  
あ、別に「読書感想文にふさわしくない本だから」と
言っているわけではありませんよ。

課題図書で「この1冊を」ということがなければ、
なにかその本に興味をもって選んでいますよね?

「○○の内容に興味があったらから、この本を選んでみた」
「このタイトルを見て、おもしろそうだったから」


そんな感じのことを、
「どのような本で、どのような内容なのか?」を
簡単にまとめたものと一緒に
最初に書いてみるといいかもしれませんね。



(2)
「一番“ここの部分の感想を書きたいな”と思ったのはどこ?
 それはなぜかな?」


つまり
「印象的だったところは?」「心に強く残っているところは?」
というところを考えてみましょう。


本のいろいろな場面を少しずつ書いて、

「~の部分は、おもしろかったです。
 また、~の部分には悲しかったです。
 でも、~の部分は感動しました。」


…という感じで書くと、
まとまりのない文章になってしまいますからね。

できれば1つの事柄にしぼって、
書いていくほうがいいと思いますよ。



(3)
「じゃあ、その部分、具体的に教えてくれない?」


(2)で書きたい事柄が決まったら、

「どの場面で?」
「どの人物のどんな行動が?」
「どう感じたのか?」
(できたら「自分だったらどうするか?」)


ということを、具体的に考えて、
わかりやすく書いてみましょう。



・・・・・・・・・・



読書感想文は、「感想がメイン」です。

感想文の内容が、
「ほとんど本のあらすじ」だったり、
「あらすじ+ちょっと感想」ではダメですからね。


「まだ、読書感想文が…」というみなさんは、
よかったら参考にして、
読書感想文を完成させてくださいね












神奈川県の公立高校入試(学力検査)まで、あと173日!
神奈川県の私立高校入試(筆記試験)まで、あと167日!





---------------





【お知らせ】

《その1》

現在、「入塾を考えている生徒さんの体験授業」を受付中です。
(※当教室では、お電話などによる強引な勧誘は一切行っておりません)

【お申し込み・お問い合わせ先】
 スタディルームAim 
  0467-77-4663
 平日 16:30~21:00

 また、 PC版Facebookページに「お問い合わせ」フォームがありますので、
 よろしければそちらもご利用ください。




《その2》

「スタディルームAim」の Twitter と Facebookページ ができました。
よかったら「フォロー」&「いいね!」をお願いします

Twitter @studyroomaim
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Facebookページは こちらから 







《その3》

このブログを書いている先生が、

数学検定ファンサイト「ユーザーズボイス」のページにて、
文章を書かせていただきました。

よかったら見てくださいね。

「ユーザーズボイス」のページは こちらから(PCからご覧ください)





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック