全公立展、行かなきゃダメ?

4月初めのこのブログで、
「全公立展・全私学展の日程が発表されました(2016/04/02)」
という記事を書きました。

ここでおさらいしておくと…
[全公立展]
  平成28年 6月18日(土) パシフィコ横浜

[全私学(中・高)展]
  平成28年 7月18日(月・祝) パシフィコ横浜

[公私合同説明会・相談会]
  平成28年 8月 県内12会場


詳しくは↓こちらの神奈川県教育委員会のページにてご確認くださいね。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f470385/


数日前、生徒さんから
「20日から1学期の期末テストらしいよ」という情報がちらっと入りまして。


「先生!期末テスト前の土曜日なのですが…
 全公立展、絶対に行かなきゃダメですか?」


…と思っている中学3年生も
もしかしたらいるのではないでしょうか?


今回は、このことについ書いてみたいと思います。





・・・・・・・・・・






結論から言うと…

「ムリして行かなくてもいいですよ」





以前「全公立展のまわり方(その3)」の記事にも書いたのですが、

「全公立展」でいただける資料って
 ・昨年のパンフレット+今年の学校説明会の日程が書かれた用紙
 ・今年の学校説明会の日程が書かれた用紙だけ
…が多いんですよ。


「現中3生向けのパンフレット(最新版)」
 ・7月以降の各学校の説明会
 ・8月の「公私合同説明会・相談会」
…のほうがいただける可能性が高いですからね。



あと、これ。
画像

「全公立展」に行くともらえる
県内公立・私立高校の所在地、特色紹介、学校説明会や
学校行事の日程などを掲載した冊子「高校ガイドブック」ですが、

神奈川県の「全公立展」ホームページ
「後日県ホームページに高校ガイドブックのPDFファイルを掲載する予定です」
…とありましたから、その点も心配しなくて大丈夫ですね。





・・・・・・・・・・





県内の県立・市立高校全158校が集まる機会は
この「全公立展」ですから、

自分が通おうと思っている地区以外でも
もしかしたら
「自分が通学できる範囲にこんな学校があったんだ!」
…と気づくこともありますし、


各学校の資料を配っていたり、
学校の特色を説明しているのが
その学校の在校生であることが多いので、
「どんな先輩が通っているのかな?」とか
直接、在校生に質問することもできますし、


8月の「公私合同説明会・相談会」の前に
学校説明会をする高校の情報が
入手できることもある、など


「全公立展」に参加するメリットもありますよ。



でも、
「公私合同説明会・相談会」や
各学校の学校説明会・文化祭など

高校のことを知る機会は
「全公立展」後にもたくさんありますからね。


ですので、
もし参加できそうでしたら足を運んでみてください。

「期末テストの勉強のほうが…」と思ったら、
まずはテスト勉強に集中して、
テストが終わったら、
高校のことをいろいろと調べてみてくださいね。


【参考記事】

 「全公立展のまわり方(その1)(2014/05/27)」

 「全公立展のまわり方(その2)(2014/06/03)」

 「全公立展のまわり方(その3)(2014/06/11 )」





---------------




【お知らせ】


《その1》

現在、「無料体験授業」を実施・受付中です。
(※当教室では、お電話などによる強引な勧誘は一切行っておりません)

【お申し込み・お問い合わせ先】
 スタディルームAim 
  0467-77-4663
 平日 16:30~21:00






《その2》

「スタディルームAim」の Twitter と Facebookページ があります。
よかったら「フォロー」&「いいね!」をお願いします

Twitter @studyroomaim
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Facebookページは こちらから 







《その3》

このブログを書いている先生が、

数学検定ファンサイト「ユーザーズボイス」のページにて、
文章を書かせていただきました。

よかったら見てくださいね。

「ユーザーズボイス」のページは こちらから(PCからご覧ください)










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック